妊娠しやすい体!痩せすぎに注意?

近年、日本人女性は世界的に見ても痩せすぎの人が多いと言われています。モデルのような体型に憧れる女性は少なくないとは思いますが、極端なダイエットや痩せすぎは妊娠力を低下させてしまいます。妊娠しやすい体と痩せすぎの関係について、詳しく見ていきましょう。

 

“痩せすぎ”ってどんな体型のこと?

『痩せすぎ』や『太りすぎ』は、ある程度見た目からでも判断がつきます。ですが、より詳しい判定を得たい場合は、BMI(Body Mass Index)という数値を計算します。

 

BIMの計算方法はとても簡単です。

 

体重(kg)÷身長(m)の2乗

 

上記の計算式に自分の体重・身長を当てはめれば、BMIを算出することができます。
たとえば、身長が160cmで体重が50kgの場合は、50÷1.6×1.6で、BIMは19.5ということになります。理想的な BMI値は22.0とされ、18.5以上25未満が標準値といわれています。この値を下回る場合は『痩せすぎ』、上回る場合は『太りすぎ』ということになります。

 

“痩せすぎ”は妊娠力を低下させる!?

では、痩せすぎは妊娠力にどのような影響を与えるのでしょうか。
BMIを下回るような痩せすぎ体型になると、体は生命の危機を感じて生命維持に力を注ぐようになり、生殖に関わるホルモンの分泌が後回しになると言われています。その結果、ホルモンバランスが崩れて妊娠力が低下すると考えられています。
また、急激に体重を減らすような、極端なダイエットをすると、脳の視床下部と呼ばれる部分がダメージを受けます。視床下部はホルモンバランスを司る部位として知られており、そこがダメージを受けることで、卵巣機能が低下したり、最悪の場合は無月経の状態に陥ったりする危険も考えられるのです。
妊娠力の高い健康的な体を維持するためには、痩せすぎでも太りすぎでもない適度なバランスを保つ必要があります。
無理なダイエットは避け、栄養バランスの良い食事を心がけ、適度な運動を取り入れることが、妊娠力の高い体づくりには必要不可欠と言えるでしょう。

 

妊娠しやすい体を手に入れるには?

先にも述べたように、妊娠しやすい体づくりには『バランス』が大切です。
そして、健康的なバランスを維持するには、生活習慣を見直すことが重要と考えます。
以下に、妊娠力を高めるためにおすすめの生活習慣をご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

 

早寝早起きで自律神経を整える

夜更かしをしたり、遅くまでパソコンやスマホを触る生活を続けたりしていると、自律神経のバランスが崩れてしまいます。
自律神経のバランスが崩れると、前出の視床下部にも悪影響が及び、ホルモンバランスの崩れなど様々な症状を引き起こします。
早寝早起きを心がけることは、自律神経のバランスを整えるためには必要不可欠な要素です。
できるだけ0時前にはベッドに入るようにしましょう。また、ベッドの中でスマホを見るのも控えたほうが良いとされています。

 

偏りのない食生活

痩せすぎの人の中には、肉や魚、炭水化物は食べない、お菓子ばかり食べるなど、偏った食生活を送っている人も少なくありません。
ですが、偏った食生活は妊娠力の低下はもちろんのこと、健康にも悪影響を与えます。
肉も魚も野菜も炭水化物も、適度な量をバランス良く食べることで、私たちは健康を維持することができます。どれか一つが欠けてしまっても、適切なバランスは保てません。
妊娠力を高めたいと思うのであれば、偏りのない食生活を送ることをおすすめします。

 

体重と妊娠のしやすさに関係はあるの?

 

体重と不妊の関係

近年は、晩婚化や晩産化の影響もあり、不妊に悩むカップルが増えています。
不妊というと加齢によって起こるものと思われがちですが、実は『痩せすぎ』や『太りすぎ』も不妊の原因になると考えられているのです。
『痩せすぎ』や『太りすぎ』はホルモンバランスに悪影響を与えます。ホルモンバランスが崩れると、卵巣や子宮の機能が衰えて、無月経や無排卵といった症状を引き起こします。この状態を放置していると、不妊になってしまうリスクがあるのです。
とくに、急激なダイエットはホルモンバランスを司る脳の視床下部にダメージを与えます。視床下部がダメージを受けると、生殖能力が低下し、卵子の質が衰えたり、卵巣機能や子宮機能が低下した状態から元に戻らなくなったりする場合があります。そうなると、いくら子供を授かりたいと願っても、自然妊娠をするのは難しくなってしまいます。
そのような事態を招かないためにも、『痩せすぎ』や『太りすぎ』といった極端な状態は、できるだけ避けるべきだと考えます。

 

妊娠に適した体重とは?

いま現在の体重が適正かどうかを知るためには、BMIという数値を計算する必要があります。健康診断などでその名前を聞いたことのある人も多いかと思います。
BMIは体重(kg)÷身長(m)×2という計算式で割り出すことができます。この数値が18.5以上25.0未満の場合は標準体型とされ、理想値は22.0と言われています。
つまり、BMIが22.0前後であれば、健康的で妊娠にも適した体重と言うことができると思います。逆に、18.5以下や25以上の場合は、『痩せすぎ』もしくは『太りすぎ』という判定になり、体重の調整が必要になってきます。

 

妊娠力を高めるためにできることは?

妊娠力を高めるためには、まず、健康的な体づくりが大切です。生活習慣を見直し、バランスのとれた食事を心がけ、適度な運動を日常生活に取り入れることで、自然と体は健康になり、妊娠力もアップすると考えられます。
生活習慣の乱れはホルモンバランスの乱れにつながり、無月経や無排卵といった障害を引き起こす原因にもなりかねません。そのような状態に陥ってしまってから慌てて対策を行っても、体はすぐには改善しません。
大切なのは、日頃から妊娠力を意識した生活を心がけることです。適正な体重を維持することも、その一環であると思います。妊娠を本気で望むのであれば、今日からでも生活習慣を見直して、妊娠しやすい体づくりに取り組んでみていただければと思います。